×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ 学ランと花束 4 ■



   その月の19日は定休日だった。

 「おう、いらっしゃい」
 半開きのシャッターから、ゾロが腰をかがめて入ってくる。
 「悪いな、休みの日に」
 「なに、どうせやる事あったからな。ついでだついで」
 先月の段階で次の19日が定休日だと気づいてた俺は、あらかじめ「店は開けておくから入ってこい」と言っておいたのだ。う〜ん、なんて気配り上手な俺。
 あらかじめ作っておいた花束を渡し、荷物を持って自分も店を出る。
 シャッターを閉めながらゾロに尋ねた。
 「なあなあ、くいなちゃんのお墓ってこっから遠い?」
 「いや?15分くらいだ」
 「ふーん。なあ、俺もお参りに行っていいか?」
 「は?」
 「いやほら、自分が作った花束毎月プレゼントされてるレディにさ、一回くらい挨拶しておきたいじゃねえの」
 あなたに愛情込めて作ってますよ、ってな。
 「そんなもんか?別にいいけど」
 職業意識ってのも大変なもんだな、と笑ってゾロは歩きだした。

 11月の寒空の下を連れ立って歩く。
 ゾロは今日も学校から直で来たのだろう、学ランにグレーのマフラーを巻いただけの軽装で、見てるこっちが寒い。
 とは言っても、サンジ自身も学生の頃は学ランにコートなんか着なかった。そっちの方が格好いいと思ってたからだ。今思えば馬鹿なこだわりだと思うが、あの頃は格好つける事に必死だった。女のコにモテたくて仕方がなかった。

 今隣を歩いている剣道馬鹿は、そういう事にこれっぽっちも興味がないみたいだ。
 剣道一色のつまんねぇ青春を送るんだろうなーと思ったら、思わず頭を撫でてやりたくなった。
 コイツにもし本気で好きな子ができて付き合ったりしたら、結構いい彼氏になると思うんだけどな。
 つーか先ず、どんなのが好きって感情なのか知る事が先決か。

 コイツに好きな子ができたら、諸手を挙げて応援してやるのになぁ。


 それにしても、花束を持って歩く男二人というのは悪目立ちする。
 職業柄花を待つことも、それで注目される事にも慣れているサンジだが、それにしたってこの突き刺さる視線はいかんともしがたい。
 「おまえ、よくこれで毎月歩いてるな」
 「? 何の事だ?」
 あー、やっぱりこの鈍感男は気づいてない訳ね。
 「おまえはもうそのままでいていいよ…」
 と言ってポンと肩をたたいたら、子供扱いされた事に気づいたのか、眉間に皺が寄る。ガキは素直でいいねぇ。
 
 商店街から道を逸れた時には正直ホッとした。
 しばらく歩くと、住宅街の外れに、こぢんまりとした、明らかに住宅ではない建物が見えてきた。
 「おぉ、これが寺か」
 「…見た事ねぇのか?」
 「俺、親クリスチャンだったからな。教会しか行った事ねぇんだよ」
 「へぇ。んじゃ、その金髪は地毛か」
 「おう。まぁ、育ちはバリバリの日本だけどな」
 見慣れないものだから、ついきょろきょろと見回してしまった。
 あっちの奥だ、と言って、ゾロは慣れた様子で境内を横切っていく。
 くいなちゃんのお墓は、ゾロが毎月来てるだけあってピカピカに磨かれてて、何より俺が一ヶ月前に作ったブーケが──雨風に晒されて、見るも無惨な姿になってはいたが──あったから、言われなくてもそれと分かった。
 二人で簡単に掃除をして、新しい花を供えて、手を合わせてお参りした。

 目を開けて隣を見ると、ゾロはまだ目を閉じていた。
 俺も結構長い時間くいなちゃんに話しかけてたと思ったのに。
 邪魔しても悪いので、しばらくゾロが目を開けるのを待っていた。

 何分かして、ゾロがようやく目を開ける。
 「…おまえ、目ぇ閉じてんの長いなぁ」
 「そうか? 1ヶ月分の報告だからな、こんぐらいになる」
 「何話してんの?」
 「あー…、今月はこれこれこういう事があったとか、こんな奴と戦ったとか、こんな事ができるようになったとか」
 「はー」
 ほんとに剣道馬鹿だ、こいつ。
 何度思ったか知れない事実を、サンジは改めて実感した。
 「交流試合とかって多いわけ?」
 「あぁ、ウチは剣道強くて有名だから、週末はたいてい練習試合だ」
 「はぁー、休みねぇじゃん。遊べるのなんて学生のうちだけだぞー」
 「いいんだよ、ほかにやる事もねえし」
 仮にも花の高校生が、今からそんなに枯れててどうする! とも思ったが、
 「それに、強い奴と戦うのは楽しいしな」
 そう言って不適に微笑む様が高校生離れしていたので、まぁいいか、とも思ったりもする。
 「って、あれ? おまえ優勝したんだろ? 高校生でおまえの相手になる奴いるの?」
 「あぁ、相手は大学生とか社会人とか…」
 「へぇー。勝てんの?おまえ」
 「どんなに相手が強くったって、3本に1本は勝つ」
 「さよですか。…おまえ強いんだなぁ」

 呆れたように言うと、それまで自信満々だった奴の顔が、不意に柔らかくなる。

 「──くいなには、一度も勝てなかったけどな」

 そう言って、奴はぽつりぽつりと語り出した。


■ end.
2006/05/06



   <<back?

next?>>   




アップするの忘れていたという、お馬鹿ー。

back to text